人気ブログランキング |

タグ:栃木県 ( 58 ) タグの人気記事

教会の現場は器具類の設置がだいぶ進み
最終調整となってきました。
十字架もつきました(N教会)_d0086022_21142208.jpg


十字架もつきました(N教会)_d0086022_21142484.jpg


十字架もつきました(N教会)_d0086022_21142529.jpg

十字架の位置も教会の皆さんと最終確認です。
外部に2箇所と講壇の正面にステンレスの十字架がつきました。
十字架もつきました(N教会)_d0086022_21150487.jpg

教会の完成、いよいよです。
(あ)

by Barakan-A | 2020-01-23 23:13 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

〜「工事監理」とは、その者の責任において、工事を設計図書と照合し、
それが設計図書のとおりに実施されているかいないかを確認することをいう。〜
(建築士法第2条第8項)

3年に一度の受講が義務付けられている
建築士の定期講習で丸一日カンヅメでした。
講習の中で改めて士法の文を読むと何だか堅苦しいのですが
まぁそう言うことですね。

また、この「監理」のタイミングでは
設計図書(所謂図面)を通して施主さまや施工者さんとのギャップを埋めていく作業は欠かせません。
2次元の図面から3次元のものが出来上がっていく段階で、
それぞれが図面から想像していた物に少なからずギャップが生じていますので
それを如何に早く埋めて完成形に近づけるかが
とても大切です。


下野新聞社那須烏山支局の先日の定例会議には
実際にこの支局をお使いになる支局長に出席いただき
現場も見ていただくことができました。
部屋の広さや天井の高さ、使い勝手等
色々と確認していただけたので良かったです。
[工事監理]エントランスポーチの八溝杉など(下野新聞社那須烏山支局)_d0086022_13214913.jpg
エントランスポーチの天井、壁は杉材が張られました。八溝杉です。
[工事監理]エントランスポーチの八溝杉など(下野新聞社那須烏山支局)_d0086022_13215114.jpg

断熱材の充填も進んでます。
[工事監理]エントランスポーチの八溝杉など(下野新聞社那須烏山支局)_d0086022_13230827.jpg

[工事監理]エントランスポーチの八溝杉など(下野新聞社那須烏山支局)_d0086022_13231060.jpg

陽当たりの状況も確認いただけたようです。
[工事監理]エントランスポーチの八溝杉など(下野新聞社那須烏山支局)_d0086022_13231189.jpg

[工事監理]エントランスポーチの八溝杉など(下野新聞社那須烏山支局)_d0086022_13231388.jpg

2階バルコニー
ここは主に物干しのためのバルコニー
[工事監理]エントランスポーチの八溝杉など(下野新聞社那須烏山支局)_d0086022_13231428.jpg


[工事監理]エントランスポーチの八溝杉など(下野新聞社那須烏山支局)_d0086022_13525417.jpg

県民の貴重な情報源
取材をして記事にしていくお仕事。
記者さんがどの様にお仕事してるのか
どうしたら快適に仕事ができるか
想像を張り巡らせて設計してきました。

何ヶ所かの支局の見学もさせていただき
そこに勤務されてる記者さんのお話しも色々お聞きして
それから計画をスタートすることが出来ました。
取材をしてカタチにする仕事は
私達も記者さんに近いのかも知れません。

テーマは「街との繋がり」と
なんと言っても「記者さんのお仕事の快適性」

竣工後、始動した支局の空間が
「何かイイ感じ」と思っていただけたら嬉しいです。
引き続き「工事監理」がんばります。
(あ)






by Barakan-A | 2020-01-16 23:15 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

仕事始め

2020年 仕事始め
本日よりスタートいたします。

仕事始め_d0086022_11051084.jpg





内々にはスタート済みですが
表向きには本日
本格スタートです。
どうぞ本年もよろしくお願いいたします。
(あ)





by Barakan-A | 2020-01-06 08:50 | 挨 拶 | Trackback | Comments(0)

今月初旬に改修工事の全行程を終えていたW苑は
クリスマスの日にちょうど消防検査の予定が入りました。


第4期の後半で改修したトイレ
仕上げの色合いはピンク系で揃えましたが
華やかになり過ぎず落ち着いたトーンになりました。
工事終了して消防検査(特別養護老人ホームW苑)_d0086022_22592702.jpg
汚物流しスペース
工事終了して消防検査(特別養護老人ホームW苑)_d0086022_22593603.jpg


消防署の方の立会いのもと検査です。
工事終了して消防検査(特別養護老人ホームW苑)_d0086022_22594306.jpg

足利のコチラの現場通いも一旦終了です。
施設の方々、現場の方々とパチリ。
皆さまお世話になりました。
工事終了して消防検査(特別養護老人ホームW苑)_d0086022_22595090.jpg

またいつか会いましょう。
工事終了して消防検査(特別養護老人ホームW苑)_d0086022_22595662.jpg

before & afterの写真がまとまりましたら
webサイトの方へアップしたいと思います。
(あ)
by Barakan-A | 2019-12-25 23:27 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

床のコンクリート(N教会)

N教会の現場は床暖房のパイプの設置を終えて
フローリング床の下地となるコンクリート打設がされました。
この後レベラーが流され平坦な床下地が出来上がります。

礼拝堂内部
今まで足場や資材が置かれていましたが一旦全て撤去されて
礼拝堂全体の広さを体感できました。
床のコンクリート(N教会)_d0086022_13312357.jpg
礼拝堂周りの3カ所のスペースはフレキシブルに色々な用途に対応できます。
礼拝堂の前室の役割をしながら引戸を開ければ礼拝堂と一体となり建物全体が礼拝堂のようにもなり
引戸を締めればこじんまりとミーティングルームになったり
キッチンに近いスペースはダイニングルームとすることができます。
床のコンクリート(N教会)_d0086022_13312728.jpg
一年で最も太陽高度が低い冬至に近いこの時期
南に隣接する建物からの引きを確保して
室内の奥まで太陽光が差し込む陽当たり抜群のスペースとなってます。
冬でも暖かい陽だまりで食事をしたりミーティングをしたりできるでしょう。
(↓一番奥の部屋がキッチン、横に小さな手洗いカウンター)
床のコンクリート(N教会)_d0086022_13430899.jpg





もう12月に入って今年も残り一ヶ月を切りました。
12月は初日から盛りだくさん
ダウン症のある子ども達の写真展「ありがとう!えがおのタカラモノたち9th」次女の写真を出展
宇都宮第九合唱団の演奏会では素晴らしい歌声を聴くことができました。
壬生町ゆうがおマラソン大会にもエントリーしていて何とか完走。
ゲストランナーの高橋尚子とすぐ隣で走りながら2回のハイタッチ
ゴールで待っていてくれてハイタッチフィニッシュ
たくさん元気をもらいました。Qちゃんありがとう!

床のコンクリート(N教会)_d0086022_13313179.jpg



年内のミッションはまだ盛りだくさん
今年も最後まで無事走り抜けられますように。
(あ)






by Barakan-A | 2019-12-05 23:31 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

大谷を巡る

11月の最終日はJIA栃木+大谷石研究会の
「大谷石とアートを巡る」ツアーに参加させていただきました。大谷石の建築と大谷で活動する作家さんを訪ねました。

旧帝国ホテルの復元に携わった
彫刻家の渡邊哲夫さんの工房を訪ね
大谷を巡る_d0086022_13024416.jpg
大谷石の他、船生石、徳次郎石、田下石、深岩石についてもお話しいただきました。
大谷を巡る_d0086022_13025634.jpg
凝灰岩の彫刻 奥が深いです。(渡邊哲夫さんの作品はこちら→のオープニングイベントにても拝見しました)

小野口家住宅を訪ね
大谷を巡る_d0086022_13030078.jpg
長い長い大谷石塀
大谷を巡る_d0086022_13062860.jpg
その塀の内側に広がる屋敷内を散策
大谷を巡る_d0086022_13190214.jpg

大谷を巡る_d0086022_13154973.jpg

大谷を巡る_d0086022_13155873.jpg

かやぶきの渡邊家住宅も訪ねました。
(以前イベントでおじゃましました

織物作家の渡邊恵美子さん
大谷を巡る_d0086022_13031352.jpg
可愛らしくステキな恵美子さんの
裂き織の作品もステキです。
大谷を巡る_d0086022_13231936.jpg
布を裂いて紐状にしたものを織っていく裂き織
現在都内で個展を開催されてます。

陶芸家の谷口勇三さんの工房「陶遊舎」も訪ねました。(作品はこちらの展示会で
大谷を巡る_d0086022_13202271.jpg
谷口勇三さんには今回初めてお目にかかりました。
とても楽しい作品作りをしていらっしゃいます。

昼をはさんで丸一日のツアーでしたが
あっという間の一日でした。
またじっくり訪問できたらと思います。
企画していただいた会の皆さま
ありがとうございました。
(あ)

by Barakan-A | 2019-12-01 23:00 | 建 築 | Trackback | Comments(0)

仕上げの決定(N教会)

月曜日は20℃超えの暖かさだったのに今日は一気に真冬の寒さです。
今日は朝から白菜、大根、ほうれん草、、、お野菜のお裾分けを頂き、夕方ひき売りのお豆富やさんが来てくれたら
「お鍋」に決まり。買い物に行かなくも材料が全部揃って暖かい夕食となって本当に有難い。


N教会の現場は仕上げに取り掛かっています。
礼拝堂内のクロスが貼られて天井の木の現しとのコントラストがはっきりしてきました。
仕上げの決定(N教会)_d0086022_11112970.jpg

今日は教会の皆さんと
外壁の色、カーテンやロールスクリーンの色を決めたり
サインのデザインや取付け位置の確認
木製のドアハンドルも実物を見ながら決定しました。
仕上げの決定(N教会)_d0086022_11113585.jpg
実物を見たり触れたりして現実的にご理解いただけたかと思います。
教会に訪れる方誰もが触れるところですので重要ですね。
仕上げの決定(N教会)_d0086022_11113922.jpg


日が暮れるのが早いので打合せ後に現場は既に暗くなってきてます。
仕上げの決定(N教会)_d0086022_11114313.jpg
床暖房の温水パイプも設置されました。
仕上げの決定(N教会)_d0086022_11114498.jpg
こんな寒い日に暖房が効いた室内を想像するのは良いものですね。
現場の方は寒い中での作業ですが引続きどうぞよろしくお願いします。
インフルエンザも流行り出したとか、、、
皆さんどうぞお身体をお大事に。
(あ)



by Barakan-A | 2019-11-28 23:09 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

特別養護老人ホームW苑の改修工事は第4期工事に入っています。4期前半の工事が終わりました。
こちらはスタッフさんのエリアで、2つの更衣室はイエローとオレンジのビタミンカラーで色分けしました。

明るいカラーで色分け(特別養護老人ホームW苑)_d0086022_07541448.jpg


明るいカラーで色分け(特別養護老人ホームW苑)_d0086022_07541986.jpg


明るいカラーで色分け(特別養護老人ホームW苑)_d0086022_07573124.jpg
限られたスペースではありますが、休憩中にリフレッシュできるようにとの施設長さんのご要望で元気の出る色合いを選びました。


利用者さん用のこちらのトイレは1、3期とは違う印象の仕上げを選んでます。機器類は同様のもので揃えてます。
明るいカラーで色分け(特別養護老人ホームW苑)_d0086022_07542304.jpg


明るいカラーで色分け(特別養護老人ホームW苑)_d0086022_07542923.jpg
残り後半部分が進行中です。全工程の最後の工期に入りました。あともう少し、よろしくお願いします。

足利にあるこちらの施設、付近の山々は紅葉がだいぶ進み現場の行き帰りはまるで紅葉狩りドライブでした。
(あ)

by Barakan-A | 2019-11-26 23:53 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

有意義な週末

週末は「とちぎ木造建築塾」第1回、2回を受講してきました。午前中は県林業センターの試験棟での実験の見学でした。梁の曲げ強度や柱の座屈引張強度試験、宇都宮工業高校で研究中の鹿沼組子の耐力壁試験と、なかなか見ることの出来ない実験の様子を見る事が出来ました。午後は東京大学の有馬先生の講義の聴講、とても解りやすくこれから取り組むべきSDGsの観点からも大変興味深いお話しでした。(内容を公開して良いかわからないので画像は出しません)中大規模木造建築も技術的に可能となり木造建築の可能性は無限大、これからもっと勉強していきたいです。


そして、先週末は県建築士会の会員大会 in那須烏山市でした。
山あげ祭で演じられる「戻り橋」の特別公演。
有意義な週末_d0086022_02365314.jpg
迫力の演技
有意義な週末_d0086022_02365738.jpg
山あげ会館の見学の後、松月さんで美味しい八溝そばをいただき
午後は烏山城 城跡の山歩きでした。
有意義な週末_d0086022_02400012.jpg
当時の石垣も残っています。
有意義な週末_d0086022_02400279.jpg
まだまだ発掘調査中
有意義な週末_d0086022_03043539.jpg
那須烏山市の市職員さんのとても詳しい説明付きで城の研究や考古学の奥深さをしみじみ味わってきました。
有意義な週末_d0086022_02400411.jpg
職員さんのお話しが何とも流暢なこと。市のイベントに招いた落語家の春風亭昇太さんも城好きだとかで、お忍びでこちらの山に登ったそうです。ご自身もここの調査に入りお嫁さんが来てくれたので「烏山城」=「結婚できる城」と調子も良く宣言していましたね、笑。

烏山支部の皆さんのおもてなし、ありがとうございました。
2週連続有意義な週末でした。
(あ)
有意義な週末_d0086022_03432457.jpg


by Barakan-A | 2019-11-18 21:36 | 建 築 | Trackback | Comments(0)

特別養護老人ホーム W苑の現場です。
水廻り改修工事第3期の検査でした。
4期中最もボリュームのある工事が完了しました。
こちらは食堂に近く、施設内で最も利用頻度の高いトイレです。
使えない間は皆さんに大変ご不便をおかけしてたかと思います。
引き続き改修工事(特別養護老人ホームW苑)_d0086022_13162378.jpg
入り口はカーテンで緩く仕切り(以前と同じ使い勝手です)
適度にプライバシーを守りつつ車椅子でも介助の方と一緒に出入りもし易くなってます。



引き続き改修工事(特別養護老人ホームW苑)_d0086022_13192547.jpg
通路側にある手洗いカウンターも新しい機器に入れ替えました。水栓は以前もご紹介したジャバラタイプ。上の棚は介助者が頻繁に出し入れし易いオープンです。


引き続き改修工事(特別養護老人ホームW苑)_d0086022_13193111.jpg
各ブース内
前傾姿勢をサポートする跳ね上げ式ボードも設置してます。
引き続き改修工事(特別養護老人ホームW苑)_d0086022_13164557.jpg

扉内にはお掃除がし易いよう機器を揃え収納もしっかり備えてます。
引き続き改修工事(特別養護老人ホームW苑)_d0086022_13165218.jpg
これで改修3期分までお使いいただけるようになりました。



4期分も進んでいます。こちらはスタッフさん達のエリア。選んだ仕上げの色合いは元気が出るようポイントでカラフルにしています。
引き続き改修工事(特別養護老人ホームW苑)_d0086022_19395753.jpg
あと一息、よろしくお願いします。
(あ)

by Barakan-A | 2019-11-15 13:15 | 現 場 | Trackback | Comments(0)