人気ブログランキング |

仕上げの決定(N教会)

月曜日は20℃超えの暖かさだったのに今日は一気に真冬の寒さです。
今日は朝から白菜、大根、ほうれん草、、、お野菜のお裾分けを頂き、夕方ひき売りのお豆富やさんが来てくれたら
「お鍋」に決まり。買い物に行かなくも材料が全部揃って暖かい夕食となって本当に有難い。


N教会の現場は仕上げに取り掛かっています。
礼拝堂内のクロスが貼られて天井の木の現しとのコントラストがはっきりしてきました。
d0086022_11112970.jpg

今日は教会の皆さんと
外壁の色、カーテンやロールスクリーンの色を決めたり
サインのデザインや取付け位置の確認
木製のドアハンドルも実物を見ながら決定しました。
d0086022_11113585.jpg
実物を見たり触れたりして現実的にご理解いただけたかと思います。
教会に訪れる方誰もが触れるところですので重要ですね。
d0086022_11113922.jpg


日が暮れるのが早いので打合せ後に現場は既に暗くなってきてます。
d0086022_11114313.jpg
床暖房の温水パイプも設置されました。
d0086022_11114498.jpg
こんな寒い日に暖房が効いた室内を想像するのは良いものですね。
現場の方は寒い中での作業ですが引続きどうぞよろしくお願いします。
インフルエンザも流行り出したとか、、、
皆さんどうぞお身体をお大事に。
(あ)



by Barakan-A | 2019-11-28 23:09 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

N教会の内部はボード張りも進み
同時に電気の配線工事が着々と進んでます。
d0086022_19141630.jpg
プロット図をもとに照明器具やスイッチ、コンセントなどの位置を決めもらっています。


d0086022_19141959.jpg
職人さん側からも良い案を出してくれて
皆んなであれこれ考えながらより良い方法へ進んで行きます。
皆さん頑張ってくださってます。


d0086022_19151715.jpg
礼拝堂内部は音響にも考慮し
部分的に有孔ボードを張って吸音効果を狙っています。



教会の皆さんと講壇正面に取り付ける十字架の位置決めをしたり
ドアや引戸のハンドルを選んだり
最終仕上がりをイメージする段階になってきました。
内部足場を組んだり外したり複雑な工程ですが
足場の無い状態をイメージして決めていきます。
(あ)



by Barakan-A | 2019-11-11 22:13 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

構造確認(N教会)

N教会の現場です。外壁下地になる合板(構造耐力面材でもある)も張り揃い
外観でもサッシが取り付く位置がわかるようになりました。
d0086022_11331428.jpg
本日は構造設計者にお立会いいただき構造金物の取付き状況などを中心に検査をしてまいりました。
d0086022_11374988.jpg
問題なくこのまま工事を進めていただけます。
d0086022_11331873.jpg


サッシの取付けも始まり礼拝堂の排煙窓を兼ねる明かりとりの窓の状況が確認できました。
内部は礼拝堂中心部の足場を解体して礼拝堂のボリュームも確認できます。
天井はこの梁や垂木が見えた状態が仕上がりです。
d0086022_11332679.jpg


講壇の方向です。講壇の背面にある大きめの開口も確認できました。
ここに開口を設けた経緯については後ほど詳しく触れたいと思います。
d0086022_11333168.jpg

事務スペースやCS( Christian School)室の窓位置です。
北側で決して広いとは言えない面積の部屋ですが効率的に使いやすい面積は確保していて
窓から隣の公園もよく見え明るく楽しい雰囲気で作業をしたり子供達が過ごせますように。
d0086022_11333518.jpg


d0086022_11333952.jpg

引き続き、どうぞよろしくお願い致します。
(あ)

by Barakan-A | 2019-10-09 22:32 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

N教会の現場です。
礼拝堂の周りの下屋まで建ち揃いほぼ建物全体の形が固まりひと安心です。

礼拝堂の中心の欅のカブラ束です。内部足場に乗り間近で確認しました。
d0086022_21250748.jpg
天井は化粧垂木が見えてきます。
d0086022_21272063.jpg

屋根が下屋まで繋がり外観の大きな八角形の形状がわかるようになりました。
d0086022_21250987.jpg

葺きおろしてきた軒先の高さも程良くなりました。
d0086022_21251148.jpg
照明の位置や十字架の取付け位置を確認したり、教会の皆さんもここまで形になってくると更に楽しみになってきたようで私達も嬉しいです。
d0086022_03440835.jpg
打合せ中に淹れていただくコーヒーが何とも美味しいこと。現教会が定例会議の会場となり施主さまにごちそうになってしまうのです。教会の皆さんのあたたかさに触れ頑張れます。ありがとうございます。
会議の後、2階のバルコニーから新会堂の屋根面を見下ろす事ができました。
d0086022_21251333.jpg
現場の皆さまには引き続き安全第一で、よろしくお願いします。
(あ)

by Barakan-A | 2019-10-01 21:24 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

建て方開始(N教会)

N教会は建て方が始まりました。三連休も返上で工事が進んでます。
先ずは礼拝堂の八角形の部分です。実はこちらの教会、外周は正八角形ですがこの内部の礼拝堂は少し変形の八角形なので、梁が全て水平に回らず一部斜めに掛かかるなど、現場の方々には少々お手間をお掛けします。
d0086022_16563699.jpg
礼拝堂の真ん中上部ではカブラ束という欅の部材が8本の梁を受け止めます。
d0086022_16563730.jpg
順調に進み午後にはここまで立ち上がりました。
d0086022_16563942.jpg
先週は台風や雷雨など天候の変化が激しい季節で、お天気に寄って工事の進捗に影響するタイミングですので、お天気予報を気にしながら現場の皆さんには安全第一でお願いしたいと思います。
ここから更に下屋の部分が繋がって建てて行くことになります。引き続きどうぞよろしくお願いします。
(あ)


by Barakan-A | 2019-09-14 23:55 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

配筋進行中(N教会)

本日はN教会の現場にてプレカット図(木材の加工図面)の打ち合わせでした。

現場の方は梅雨の合間を縫って進行中で、
先週は防湿シートだけの「遺跡発掘」のような状態でしたが

d0086022_19091783.jpg


d0086022_19093353.jpg



今日は基礎の配筋もかなり進み、整った状態になってきました。
ここまでくると、かなり建物の平面的なボリュームがわかるようになりますね。


d0086022_19120128.jpg


d0086022_19121588.jpg


d0086022_19123121.jpg


来週には配筋検査、基礎コンクリートの打設へ進んで行きます。(ひ)



by Barakan-A | 2019-07-17 19:14 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

起工式(N教会)

間もなく梅雨入りになりそうな
週間天気予報ですが
快晴の青空の下で無事起工式ができました。
d0086022_04110707.jpg
思い返せば足掛け5年。
これは私達にとっての年月で
教会の方々にしてみると
新会堂建設に向けてもっと長い年月を
経てきている事と思います。
d0086022_04111877.jpg
工事が安全に進むよう皆でお祈りしました。
計画からここに辿り着くまで長くかかりましたが
今日を節目としてまた新たなスタートとなります。
d0086022_04111100.jpg
賛美歌を皆一緒に歌い
d0086022_04111207.jpg
真新しいショベルで鍬入れ
d0086022_07275562.jpg
私にとっても、ほんの僅かでしたが
次女との貴重な時間を過ごした大切な場所です。
「建替え」には複雑な気持ちもありますが
新会堂を楽しみにしてくださる皆さんもいらっしゃるので頑張ります。
竣工まで、改めて気を引き締めてまいります。
どうぞよろしくお願いします。
(あ)
d0086022_07462215.jpeg

d0086022_07464281.jpeg

d0086022_07473048.jpeg

by Barakan-A | 2019-06-06 23:08 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

初めての開花

庭のハナミズキが咲きました。
このハナミズキの樹は
自邸竣工の時に宇都宮市から贈られた記念樹です。
小さな苗木を地植えにして
夏に竣工5年を迎えようとしているこの春に
初めて沢山の花を付けました。
d0086022_20222660.jpg
ちゃんと根付いて順調に育ってくれているようです。
一階のアトリエの窓と二階の三角バルコニーに近い位置に植えたので
これから更に大きく成長して
沢山花が咲く季節が毎年楽しみになります。

d0086022_20391583.jpg
イースターの季節
間もなく着工準備に入るキリスト教会
一歩一歩前進します。
今年の4月は冷えましたが
長いこと桜を楽しめました。
やっと暖かくなり樹々も芽吹いて良い季節になります。
(あ)

by Barakan-A | 2019-04-21 20:09 | 我 家 | Trackback | Comments(0)

基本設計(N教会)

プロテスタントのキリスト教会です。
私がこちらの教会を初めて訪れてから
ちょうど10年が経ちます。
そして、
新会堂建替えの計画のお話しをいただいてから
かれこれ3年が経つところかと思います。

いくつかのプランの変遷から
最終的に八角形になりました。
d0086022_22464313.jpg
上空から見るとその八角形がわかります。
d0086022_22464412.jpg
建物外周の大枠は正八角形でありながら
礼拝堂内形は正八角形でなく
講壇に向かって放射状に席が囲うようなカタチです。
d0086022_22464679.jpg
「開かれた教会」とのコンセプトのもと
回遊性のあるプランとして
鉤の手状の敷地も有効に使えるように考えてます。
礼拝堂とその周りのスペースとの関係は
普段の礼拝の他あらゆるイベントにも
フレキシブルに対応できるようになっています。
講壇の背景には、本物の緑の植栽をする計画です。
この理由は後ほど触れたいと思います。

これから本格的に実施設計に入っていきます。
教会の皆さんと共につくっていきます。
がんばります。
(あ)

by Barakan-A | 2018-10-20 22:46 | 設 計 | Trackback | Comments(0)

四ツ谷に新しくできた教会
番長教会のオープンチャーチにお邪魔してきました。
(設計:手塚建築研究所 手塚貴晴+由比)
d0086022_15392271.jpg
戦前は、フランク・ロイド・ライトの弟子
遠藤新氏設計の教会堂を使っていたという由緒があり
130年以上の歴史ある教会だそうです。
縁あって手塚夫婦の手で新しい教会堂が完成。
d0086022_15392869.jpg
「開かれた教会」
誰でも気軽に入りやすよう
木製框のガラスドアを開け放つと
手前のエントランス広場と一体となり
内部のホワイエはオープンな半屋外的空間になります。
手塚建築の低く抑えた天井高と階高は
2階の食堂テラスとも近く程よい距離感でした。
開かれた教会でありながら、
礼拝堂に入ると落ち着いた神聖なる祈りの空間。
上部トップライトから降り注ぐ光や
音響に気を配られた成果の残響音の感じも
重厚な気持ちにさせてくれました。

礼拝堂の壁にかかった木の丸太の十字架は
以前の教会で使っていたものだそうです。

教会はそこに関わる人々にとっての住まいのようなもので
計画から設計を進める上では
何件もの住宅設計相当分の労力がかかったことでしょう。
そんなプロセスを経て
コンセプトを自分たちの手法で
しっかりと形にしてしまうところは
やはり力のある二人だなといつも勉強になります。

2階の食堂でコーヒーもいただきました。
ごちそうさまでした。
(あ)

d0086022_16411797.jpg

d0086022_16412505.jpg



by Barakan-A | 2018-04-15 16:42 | 建 築 | Trackback | Comments(0)