人気ブログランキング |

竣工後2年のお庭(Mi邸)

2017年3月に竣工したMi邸
お庭の手入れ後の様子を
庭師さんが自ら撮影して
画像を送ってくださいました。
d0086022_18094607.jpg

d0086022_18094889.jpg
通り沿い、駐車スペース周りの植栽は
道行く人の目も楽しませてくれます。


エントランスホール側からお庭を見る。↓
d0086022_18095106.jpg

リビングや和室、2階の寝室などからも
このお庭をを見ることができます。
d0086022_18435864.jpeg
街中にあっても
木漏れ日のやさしい光で癒されます。
植栽は大切です。
庭師さんのWebサイト→J.L.Design日庭
(あ)



by Barakan-A | 2019-06-23 18:09 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

毎年この時期ですね。
すがたかたちさんのフランス人インターン生
エドガーくんがいらっしゃいました。
高校生の時に日本に11ヶ月滞在した事もあるそうで
既に日本語がとても上手です。
しばし和室で歓談。
d0086022_20280034.jpg
ちょっと驚きは
エドガー君のフランスのお家の薪ストーブは
我が家と同じモルソー社(デンマーク製)の全く同じ型の物だという事。
日本より近いですからね、
我が家のストーブの方が長距離移動させられたと言うことですね。
d0086022_20280331.jpg

この後、ご近所のスモック バベルスキさんに移動
皆でポーランド料理をいただきました。

d0086022_20281097.jpg
丁度一年前はサッカーワールド杯
対戦国のポーランドで注目され
取材が殺到してたのが思い出されます。
日本で随一の本格的ポーランド料理店。
(ちなみに月曜は定休日でしたが、
ランチ営業していただきありがとうございました。)
(あ)


by Barakan-A | 2019-06-03 20:26 | 我 家 | Trackback | Comments(0)

平成31年3月

早いもので2月があっという間に過ぎました。
もう春の足音が聞こえてきてます。
d0086022_13015253.jpg
それに「平成最後」というフレーズがあちこちから聞こえてきますね。
この言葉で購買意欲をあおろうとする商売戦略は好きではありませんが、
本当にあと2カ月で平成が終わります。
先日の在位30年記念式典や、特に年の暮の天皇誕生日の時に述べられたお言葉一つ一つが
とても心に染みました。生前退位と発表があった時はまだまだ先と思っていましたが、
いよいよこの時を迎えようとしてます。生前退位と言う形になったからこそ、
この節目に陛下のこの様なお言葉を聞くことが出来たのだと思います。
d0086022_13015320.jpg
自分自身もこの平成の間に人生の節目を経てきて様々な事があったと振り返っているところです。
喜びもあり試練もありましたが、今こうして過ごしていられる事に感謝したいと思います。

今月は長女が義務教育を卒業、新たな門出となりますし、
業務的には消費税アップに伴う色々もあり、
確認申請業務が重なったりと何かとせわしい月になりますが、
日々を大切に過ごしたいです。

皆さまにも良い春が訪れますように。
(あ)





by Barakan-A | 2019-03-02 13:00 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

停電

今朝は突然の地域限定停電により
ちょっとバタバタとしてしまいました。
d0086022_18161029.jpg
それでも
薪ストーブで何時も通り暖かくいられたのが
何より有り難かったです。
d0086022_18161137.jpg
電気炊飯器も予約が切れていて
蓋を開けると水とお米のまま。
それをそっくり鍋に移して
ガスコンロのご飯炊き機能で早く炊き上がり
朝ご飯も無事に食べられました。

停電で震災を思い出しました。
当時は旧家でしたから
停電の時はもっと不便をしていたと思います。

この乾燥続きで
我が家の受験生は加湿器が動かない事に
少しヤキモキしたものの
それほど慌てず学校へ送り出せました。
感謝です。

この付近の2800軒
2時間近くの停電でしたが
原因は何だったか、、、

電気のある普段の生活がどれほど有り難いか
再確認した朝でした。
(あ)


by Barakan-A | 2019-01-11 18:15 | 我 家 | Trackback | Comments(0)

映画「人生フルーツ」

ちょうど梅雨の季節になると
庭のアナベルの色がグリーンから白に変わってきます。
小さいながらも庭に植えたの樹や花から
季節を感じ癒されてありがたいです。

d0086022_16555463.jpg
昨年、全国各地で上映されていた「人生フルーツ」というドキュメンタリー映画が
今は自主上映会というかたちで、また各地で観られるチャンスがあるようです。
(ちなみに、宇都宮では明日6/9も上映会あるようです。検索してみてください)

d0086022_16552016.jpg


 『風が吹けば、枯葉が落ちる。
  枯葉が落ちれば、土が肥える。
  土が肥えれば、果実が実る。
  コツコツ、ゆっくり
  人生、フルーツ。』

映画の中でのナレーションの樹木希林さんの声が印象深いです。
幸せとは何か、、豊かな人生とは何か
人生限られた時間をどう生きるか考えさせられ良い映画です。

近所の総合スポーツゾーンの工事により、
公園の樹々、道路の街路樹がすっかり伐採され、
季節の花が咲いた植込みが撤去されてしまいました。
土の面積が減って、舗装面積が増しました。
そんな風景を毎日、目の当たりにしてしまいます。

枝の剪定、落ち葉、雑草の管理も大変なのでしょう、、、、

でもでも、残して欲しい、
残さなければならないものはあると思うのです。

現代は、
便利な家電で、家事も省力化することが出来てきました。
全自動洗濯機、食器洗い乾燥機、お掃除ロボット、、、、
その分、お庭に植えた木や花を愛でる
ちょっとした時間はとれないものでしょうか。
人は何故、そんなに忙しいのでしょうか。

出来れば皆さんに見ていただきたい映画です。
検索するとまたどこかで観られるチャンスがあると思います。
上映会の機会に、ぜひ。
(あ)

by Barakan-A | 2018-06-08 17:16 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

立春、初午が過ぎて

この季節なので、
d0086022_02382913.jpg
今まで毎年長女と一緒に飾り付けしてましたが、
中学生はなかなか忙しく
今年は私一人で飾りました。
d0086022_02383002.jpg
その中学生がちょうど一年前の今ごろ
「美味しかった!」を連発した給食のメニューが
何と「しもつかれ」
d0086022_02383267.jpg
一生のうち絶対に一度も作ることのないであろう料理だと思っていましたが、、、遂に作りましたよ。
昨年も二回、今年も二回目。

絶対に作るまいと思っていたので
一度、市販の物を買ってきたところ
「(給食のと)味が違う!」と。

そして見つけました。
レシピサイト「クックパッド」に。
宇都宮給食で検索すると給食のしもつかれのレシピが見つかりました。
酒粕の分量が少ないのです。
子供達が食べやすいように。

そして、我が家の調理器具に加わった
「鬼おろし」
これで立派な栃木県民です。
ちなみに完成品の画像はありません。
フォトジェニックでないので、笑。
「インスタ映え」はしないと思います、
この郷土料理は。
(あ)

by Barakan-A | 2018-02-22 06:33 | 我 家 | Trackback | Comments(0)

no stove, no life

薪ストーブライフ 4シーズン目です。
今シーズンは
ピザを焼くため
クッキングスタンドとピザ用パンを揃えました。
d0086022_20494494.jpg

既に、
2、3百円の市販のピザを試しに焼いてみたところ
電気オーブンで焼いていた頃より
格段に美味しく焼き上がったので
今日は久しぶりにピザ生地から作ってみました。
d0086022_20500385.jpg
d0086022_20541107.jpg

これは!美味い!
d0086022_20534156.jpg
ピザ窯のあるイタリアンレストランの味に
かなり近づいてるではありませんか⁉︎
d0086022_20590835.jpg

d0086022_20591050.jpg
今までは予熱から焼き上がりまで
結構な長い時間
電気の力で焼き上げていたピザが
部屋を暖めるために焚いているストーブに
たった数分数十秒入れるだけで
美味しさも格段にアップ!

「電気の節約にもなるし、美味しい!」
と中学生の娘も感心しております。

これはもうやめられませんね。
no stove, no life
(あ)

by Barakan-A | 2018-01-21 20:44 | 我 家 | Trackback | Comments(0)

12月

12月も半ばになりました。
ここ数年毎年この季節になると
手作りのシュトーレンをいただきます。
ドライフルーツがたっぷり入ったパンのようなケーキ。
薄くスライスして少しずつ食べながら
クリスマスを楽しみに待つという
アドベント期間ならではのお菓子。

自分以外の家族は ドライフルーツに興味がないという恵まれた境遇で
誰に遠慮することもなくこの楽しみを完全に独り占めしてます。
一切れのはずがついつい二切れ、三切れ、、、?
クリスマスまで保たないなんてことのないように、笑。
d0086022_07392455.jpg
年末の慌ただしい日々の中
新聞に目を通しながらでも
シュトーレンを頬張るこの数分間が大切だったりします。
年の瀬は何かと忙しい。

  忙しいは心を亡くす

心を亡くすことなく
精神バランスをとりながら
年の瀬を乗り切って
無事新年を迎えられますように。
(あ)

by Barakan-A | 2017-12-12 07:39 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

乾燥の季節になりました。
お肌には乾燥は大敵、潤いが必要ですね。
これからの季節は念入りに保湿ケアに励む皆さんも多いのではないでしょうか。
では、住まいはどうでしょうか?
お風呂など水廻りは水気をとってカラッとしていた方が、キレイを保てます。
d0086022_00592415.jpg
我が家のお風呂の壁と天井のヒノキは、竣工後3年経ってだいぶ飴色にやけてきました。
毎日のお風呂上がりに、下半分のハーフユニット部分の水気をサーッと拭き取っています。
壁と天井は特に何もせず、ついた湯気はそのまま換気をして自然乾燥。
カビることなくここまできました。
洗面所やキッチンなどの水廻りも、水が溜まったままにしておくと
あっというまにヌメリが出て良くない状態になっていきます。
お肌とは反対に、乾いてた方が良くキレイな状態を保てます。

それから、、、
こちらは風呂フタ置きの部分です。
d0086022_01120664.jpg
フタを立ててるときはわかりませんが、取ってみると、、、
あらら、色違いが出てます。
d0086022_01120968.jpg
お風呂に入ってない日中はフタ置場にいつでもフタがあって、そこは飴色の進行具合が遅れております。
残念な感じにも見えなくもないですが、これはこれで経年変化の一つ、良しとしようかと思います。
(フタの置き場を時々変えてみると良いのかも知れませんね)

我が家の屋外運動部に所属する女子中学生の足首も、ソックスのラインが日に焼けてくっきり。
ついつい、このヒノキの壁と比べてしまいます、笑。
何とかお年ごろまでにはその日焼け跡が目立たなくなるように、人間のお肌の再生能力に期待したいと思います。

そんな、3年経った我が家の様子もオープンハウスでご覧ください。
よく考えたらちょっと恥ずかしいですよね。
竣工直後のピカピカのオープンハウスではありません。
「ありのまま」をお見せいたします、笑。
(あ)




オープンハウス&オフィス、お茶会のご案内↓
お茶会はまだまだ空席がございます。ご予約受付中。




お茶会 2017秋
日 時:11月23日(木・祝)10時〜、11時〜、13時〜、14時〜
    11月25日( 土 )10時〜、11時〜、13時〜、14時〜
場 所:かんばら設計室 自邸和室
料 金:お抹茶とお菓子 お一人さま¥500
電 話:028-645-7820

初心者の方でも気軽にご参加いただけます。お子様も歓迎。
正座が難しい方は、椅子座のご用意もいたしますのでお伝えください。

ご予約状況などはFacebookページにて更新いたします。



オープンハウス&オープンオフィス
日 時:11月23日(木・祝)10時〜16時
    11月25日( 土 )10時〜16時
場 所:かんばら設計室
駐車場:ご見学のみの方の駐車スペースのご用意がございませんので
    公共交通機関等をご利用ください。
    住宅街ですので付近への路上駐車はご遠慮ください。
    
(ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください)


by Barakan-A | 2017-11-21 10:40 | 我 家 | Trackback | Comments(0)

8月

8月ももうすぐ終わり
娘の夏休み明け、学校始まりの朝は
不気味な警報音から始まりました。嫌ですね、、、
何よりも「平和」を願います。


8月の庭に咲いた花たち
控えめなお花ですが、涼しげで好きです。




ヤブラン
d0086022_09183458.jpg
斑入りヤブラン
d0086022_09181996.jpg
アベリア
d0086022_09184474.jpg
↓↓ここからは、庭師さんが撮ってくださった初夏の我が家の庭です。
さすが、センスがいい。
ステキに撮ってくださって、ありがとうございます。
(あ)
d0086022_09325528.jpg
d0086022_09331539.jpg
photo kazuyuki okudaira









by Barakan-A | 2017-08-29 09:36 | 我 家 | Trackback | Comments(0)