人気ブログランキング |

Merry Christmas(N教会)

N教会の現場も竣工に向けて着々と進んでます。
現教会の2階バルコニーから
屋根の施工状況が確認できます。
排煙の役割もする礼拝堂上部の窓から
内部の灯りがもれます。
遠くから見たらUFOのような存在感を放つかも知れません。
(UFOは未だ見た事がありませんが。)
Merry Christmas(N教会)_d0086022_23092236.jpg


内部も塗装など仕上げ工事が真っ盛りです。
Merry Christmas(N教会)_d0086022_23092381.jpg
これからフローリングなど床材が張られると
いよいよ建具や家具が入ってきますので楽しみです。


12月24日の今日はクリスマスイヴ
キリスト誕生日の前夜祭
イヴ礼拝に参列させていただきました。
Merry Christmas(N教会)_d0086022_05155603.jpg

Merry Christmas(N教会)_d0086022_05193500.jpg

Merry Christmas(N教会)_d0086022_23093290.jpg
クリスマスは1年の締めくくりの時期
賛美歌を歌いながら
今年1年がどんな年だったか振り返る日ともなりました。
現教会でのクリスマスは最後となり
来年のクリスマスは新会堂で迎える事となります。
別れと出会いと
その日1日1日、一瞬一瞬を大切にしたい
と思った一日となりました。
(あ)




# by Barakan-A | 2019-12-24 23:08 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

LINE友から「ついに薪ストーブが!」
と画像付きのメッセージが届きましたので
早速現場に参上。
薪ストーブが付き、足場もはずれました(Vo邸)_d0086022_22262530.jpg
これは
お父さんお母さんからの素晴らしいクリスマスプレゼントになりましたね!

薪ストーブが付き、足場もはずれました(Vo邸)_d0086022_22262766.jpg
炉壁には深岩石、地産地消の材料となります。
凝灰石仲間の宇都宮の大谷石より硬く密な石です。


足場も外れました。
薪ストーブが付き、足場もはずれました(Vo邸)_d0086022_22225285.jpg
内部もクロス貼りや塗装が着々と進んでいます。
竣工が間近となってきました。
(あ)

薪ストーブが付き、足場もはずれました(Vo邸)_d0086022_13035922.jpg


薪ストーブが付き、足場もはずれました(Vo邸)_d0086022_13042060.jpg


薪ストーブが付き、足場もはずれました(Vo邸)_d0086022_13043382.jpg



# by Barakan-A | 2019-12-24 22:22 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

木部の塗装など(Vo邸)

LINE友から「薪ストーブの煙突が立ってました!」と
「これでサンタさんがお家に入って来られますね!」って
オバちゃんのボケにキュートなスタンプを返してくれる優しい男子とのLINEのやり取り。
この煙突の径にサンタさんの身体が通るとは誰も思えないですね、、、

Vo邸の現場は外壁工事も終わり煙突も立って
木部の塗装が進んでいます。
木部の塗装など(Vo邸)_d0086022_12202736.jpg
外部の軒裏やポーチの化粧柱
木部の塗装など(Vo邸)_d0086022_12202867.jpg

木部の塗装など(Vo邸)_d0086022_12203380.jpg

内部の造作材
木部の塗装など(Vo邸)_d0086022_12204102.jpg
こちらの現場はどの方向を見渡しても良い眺めです。
行くたびにしみじみと四方八方眺めてしまいます。
木部の塗装など(Vo邸)_d0086022_12204699.jpg
こらから内部はクロスが貼られ仕上げ工事に入ります。完成が楽しみです。
(あ)


# by Barakan-A | 2019-12-06 12:30 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

床のコンクリート(N教会)

N教会の現場は床暖房のパイプの設置を終えて
フローリング床の下地となるコンクリート打設がされました。
この後レベラーが流され平坦な床下地が出来上がります。

礼拝堂内部
今まで足場や資材が置かれていましたが一旦全て撤去されて
礼拝堂全体の広さを体感できました。
床のコンクリート(N教会)_d0086022_13312357.jpg
礼拝堂周りの3カ所のスペースはフレキシブルに色々な用途に対応できます。
礼拝堂の前室の役割をしながら引戸を開ければ礼拝堂と一体となり建物全体が礼拝堂のようにもなり
引戸を締めればこじんまりとミーティングルームになったり
キッチンに近いスペースはダイニングルームとすることができます。
床のコンクリート(N教会)_d0086022_13312728.jpg
一年で最も太陽高度が低い冬至に近いこの時期
南に隣接する建物からの引きを確保して
室内の奥まで太陽光が差し込む陽当たり抜群のスペースとなってます。
冬でも暖かい陽だまりで食事をしたりミーティングをしたりできるでしょう。
(↓一番奥の部屋がキッチン、横に小さな手洗いカウンター)
床のコンクリート(N教会)_d0086022_13430899.jpg





もう12月に入って今年も残り一ヶ月を切りました。
12月は初日から盛りだくさん
ダウン症のある子ども達の写真展「ありがとう!えがおのタカラモノたち9th」次女の写真を出展
宇都宮第九合唱団の演奏会では素晴らしい歌声を聴くことができました。
壬生町ゆうがおマラソン大会にもエントリーしていて何とか完走。
ゲストランナーの高橋尚子とすぐ隣で走りながら2回のハイタッチ
ゴールで待っていてくれてハイタッチフィニッシュ
たくさん元気をもらいました。Qちゃんありがとう!

床のコンクリート(N教会)_d0086022_13313179.jpg



年内のミッションはまだ盛りだくさん
今年も最後まで無事走り抜けられますように。
(あ)






# by Barakan-A | 2019-12-05 23:31 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

大谷を巡る

11月の最終日はJIA栃木+大谷石研究会の
「大谷石とアートを巡る」ツアーに参加させていただきました。大谷石の建築と大谷で活動する作家さんを訪ねました。

旧帝国ホテルの復元に携わった
彫刻家の渡邊哲夫さんの工房を訪ね
大谷を巡る_d0086022_13024416.jpg
大谷石の他、船生石、徳次郎石、田下石、深岩石についてもお話しいただきました。
大谷を巡る_d0086022_13025634.jpg
凝灰岩の彫刻 奥が深いです。(渡邊哲夫さんの作品はこちら→のオープニングイベントにても拝見しました)

小野口家住宅を訪ね
大谷を巡る_d0086022_13030078.jpg
長い長い大谷石塀
大谷を巡る_d0086022_13062860.jpg
その塀の内側に広がる屋敷内を散策
大谷を巡る_d0086022_13190214.jpg

大谷を巡る_d0086022_13154973.jpg

大谷を巡る_d0086022_13155873.jpg

かやぶきの渡邊家住宅も訪ねました。
(以前イベントでおじゃましました

織物作家の渡邊恵美子さん
大谷を巡る_d0086022_13031352.jpg
可愛らしくステキな恵美子さんの
裂き織の作品もステキです。
大谷を巡る_d0086022_13231936.jpg
布を裂いて紐状にしたものを織っていく裂き織
現在都内で個展を開催されてます。

陶芸家の谷口勇三さんの工房「陶遊舎」も訪ねました。(作品はこちらの展示会で
大谷を巡る_d0086022_13202271.jpg
谷口勇三さんには今回初めてお目にかかりました。
とても楽しい作品作りをしていらっしゃいます。

昼をはさんで丸一日のツアーでしたが
あっという間の一日でした。
またじっくり訪問できたらと思います。
企画していただいた会の皆さま
ありがとうございました。
(あ)

# by Barakan-A | 2019-12-01 23:00 | 建 築 | Trackback | Comments(0)