人気ブログランキング |

地鎮祭(Vo邸)

Vo邸の現場がいよいよ開始となります!
地鎮祭の日は小雨が降っていましたが、「雨降って地固まる」という言葉もありますので、幸先の良い始まりになったかと思います。(そのことを裏付けるように、後半は雨も止みました!)
4方を自然に囲まれたこの土地に、Vo様ご家族のために最高のお家が完成するよう、しっかりと監理をさせていただきたいと思います!工事関係者の皆さん、よろしくお願いいたします!(ひ)

d0086022_15331223.jpg



d0086022_15332492.jpg



d0086022_15333683.jpg



d0086022_15335083.jpg


by Barakan-A | 2019-08-25 15:34 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

間も無く「建て方」となるN教会の現場ですが、木製の土台を設置するためにコンクリートの基礎の天端を水平にきれいに均す作業が行われています。

d0086022_15001729.jpg



d0086022_15000649.jpg


壁の厚みがハッキリしてくるので、各スペースの大きさのイメージは確認できるようになります。
概ねどの案件でもこの段階の現場を見た印象で「想像より小さい」というご意見をお聞きしますが、
建て方が終わる頃には視覚的に「2次元から3次元に変わる」ので、そのご心配も無くなって「大きくなった」と感じる方が多いようです。教会の皆様にも今後の変化を楽しみにご覧いただければと思います!(ひ)


by Barakan-A | 2019-08-25 15:13 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

iアトリエ&ギャラリーの現場では木製の階段が設置されました。
踏板と蹴込板だけが印象に残るように、側桁(受け材)を調整しています。
タモの集成材で接合部分もきれいに納めていただきました。
塗装されるとさらに印象的な階段になってきますね!
d0086022_14472735.jpg



d0086022_14475960.jpg


床の後打ちコンクリートも打設完了しましたので、いよいよ最終仕上げの段階が近づいてきました。
足場ももうすぐ撤去され全容が見えてきますので、楽しみです!(ひ)

by Barakan-A | 2019-08-25 14:55 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

主要外装決定(N教会)

本日はN教会にお伺いし、主要な外装材(屋根、外壁、とい、サッシ)を決定していただきました。
設計段階でもパースや模型で確認いただいた内容ですが、発注前の最終確認となります。

今回は屋根と外壁を一体に見せる部分が多いので、この材料が建物の印象に大きく影響することになります。
ご提案した「異なるダークブラウンのコロニアル3色ミックス」で決定いただきました。
この材料が、特徴のある8角の屋根と、そこから連続する外壁との一体感を造り出して、
ホワイトの壁や木部とバランスよく取合ってくれると思います。

d0086022_18261457.jpg


現場では基礎コンクリートが打設完了、
現在は建て方(木材を組み上げる作業)開始まで養生期間となっています。

d0086022_18263749.jpg


本日の打ち合わせは工事現場に隣接する現在の教会でしたが、
バルコニーからは見下ろすと、足場がまだ無い現場では見ることができない、高い位置からの全景を見ることができました。
今後の進行がますます楽しみです!(ひ)

d0086022_18265187.jpg

by Barakan-A | 2019-08-04 18:34 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

建築を学ぶ高校生

県立宇都宮工業高校の建築デザイン科のY先生が
生徒さん2名を連れていらっしゃいました。
d0086022_10324846.jpg
私たちの仕事の事をお話ししたり
持参した進行中の卒業設計の課題を見せてもらって
私たちなりのアドバイスをさせていただきました。

2人とも志し高く課題に取り組んでいるようで
私たちもそれなりに真剣に、、、、
限られた時間内で高校生がここまで仕上げてきた図面を見て
先ずは讃えたい!そして厳しい?指摘も盛り込みながら
私たちにとっても貴重な時間を過ごさせていただきました。

教えるって難しい。

でも自分たちの普段の仕事を客観的に捉える良い機会にもなったり
こういう機会は良い経験です。

高校生って若い。伸び代もまだまだ無限大。
これからの更なる成長が楽しみです。
自分が若かった頃、
もっとこうしておけば良かったというような後悔や反省点なども踏まえ
ついついアツく語ってしまいますが
広い世界に視野を拡げて
次の世代にどんどん活躍していって欲しいですね。
(あ)







by Barakan-A | 2019-08-03 10:58 | 建 築 | Trackback | Comments(0)