Mi邸の現場ではエントランス廻りの屋根の下地が進み、先端の幕板下地が設置されたことで「水平ライン」が見えてくるようになりました。
今後、内といが造られると出幅も今より大きくなり、化粧のダークグレーの幕板が付くと、さらにその印象は強く出てくると思います!
d0086022_8593569.jpg

d0086022_854964.jpg

内部では大工さんの工事が進み、1階の床組が終わって断熱材の充填が行われています。
d0086022_93829.jpg

間仕切り壁の下地もあと少しを残す状態になりましたので、各スペースの大きさが確認できるようになってきました。
d0086022_931836.jpg

d0086022_932756.jpg

先週今週とサッシの納まりの打ち合わせを行い、細部の納まりが決まってきましたので、今後順次取り付けが始まる予定です。
d0086022_972314.jpg

屋根工事も始まり、先行して捨て板金の工事が始まっています。
d0086022_985524.jpg


また、お施主様との打ち合わせで主要な仕上げを最終決定していただきました。
今回の内部床材のメインはチーク材です。また内装の木部も同程度の色合いにしていく予定です。
この少し濃いめの木材と、大谷石や漆喰等の他の素材との取り合いが内部空間の印象を決めていきます。楽しみです!(ひ)
d0086022_9111228.jpg

[PR]
by Barakan-A | 2016-05-26 09:31 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

新緑の5月

ここ数日とても暑いですね。すっかり真夏の陽気です。
七分袖で風が気持ちよく感じるはずの5月が
すっかり通り過ぎてしまったかのようですね。

庭の樹の若葉たちが良い感じです。
d0086022_18365154.jpg

シマトネリコの新芽。
昨年はあっと言う間にアオムシが食べていきました。泣。
今年は注意して見てますが今のところ大丈夫そうです。
最近鳥がたくさんやってくるので虫を食べていってくれてるのでしょうか。


d0086022_13253275.jpg
ソヨゴの花。
昨年花後に植えたのでここで花を見るのは初めてです。
朝は蜂達がブンブン寄ってきて、
写真を撮りに近づくのがコワいくらいですが。


d0086022_13253842.jpg
ダイニングの窓から見えるハクモクレン。
これで良い感じに西日も遮ってくれます。
今年の春の花後に枝をだいぶ剪定しましたがこの繁り様です。
竣工時より大きくなっているのが
ブログ左上の写真と比べてもわかります。

d0086022_13263151.jpg
キッチンの上の窓。
ニョキニョキ育っているのが見えます。

春の花殻あつめ、枝の剪定、秋の落ち葉拾い、、、
手間もかかりますが毎年続けていきたいです。

樹があれば鳥や虫もやってきて、
生態系が出来上がってきます。

今、近所の県のスポーツゾーンの工事で
かなりの樹が伐採されてしまい、
ここの生態系も崩れてしまったことでしょう。
近所の人たちからも親しまれていた
樹のトンネルの道路も拡幅工事で激変中です。
木陰が減ってしまい、
この地域、今年の夏は例年より気温が確実に上がるでしょうね。
なんとかまた再生して欲しいです。

木陰をたくさん作ろう推進派です。
(あ)
[PR]
by Barakan-A | 2016-05-24 14:20 | 我 家 | Trackback | Comments(0)

日光植物園

私事で恐縮ですが、
5月19日は結婚記念日なので
毎年この時期に
式を挙げた日光方面へ出掛けるようにしています。
初心に返るという意味でも。
ちなみに今年15周年らしいです。

今回は、今まで一度も入ったことのなかった
日光植物園」に寄ってきました。

ちょうど駐車場脇のハンカチの木が見頃でした。
d0086022_13313837.jpg

研究や教育を目的とした植物園で
植物のネームプレートが充実しているので、
知らなかった樹の名前を覚えたりできて
面白かったです。
d0086022_13322331.jpg


d0086022_13314429.jpg
ちょうど新緑の時期で
木漏れ日の中を歩くのが気持ちよかったです。

散策路が長く、全部を網羅することができなかったので
また、季節ごとにも来てみたいと思いました。
d0086022_13314824.jpg


d0086022_1331538.jpg
新緑のシャワー、良い季節です。
(あ)
[PR]
by Barakan-A | 2016-05-14 23:29 | 家 族 | Trackback | Comments(2)

壁下地進行中(Mi邸)

Mi邸の現場は盛りだくさんの状態になってきています。職人さんたちの人数も増えてきますので、活気が増してきました!

大工さんの工事は順調に進行していて、壁の下地となる間柱の取付がほぼ終わり、窓の位置もわかるようになってきました。
(写真が青いのは外部のブルーシートを通して光が入っているからです)
d0086022_01188.jpg

d0086022_015065.jpg

d0086022_021330.jpg

一部では外壁廻りの耐力面材の施工も始まり、徐々に外形が見え始めています。
d0086022_04795.jpg

d0086022_041637.jpg


内部では1階の床下地となる大引、根太も始まり、それに伴う床下の配線や配管も同時進行中です。

木工事以外に、板金工事、電気工事、空調工事等各種工事に入りますので、それぞれ打ち合わせを行いました。現場での設計、監督、各業者さんの打ち合わせは共通意識を持つ意味ではたいへん重要な作業となってきます!
d0086022_034110.jpg

今後はお施主様と仕上げ等の最終確認を行いながら、その内容を現場に反映していきます。
進行が楽しみです!(ひ)
[PR]
by Barakan-A | 2016-05-14 13:53 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

久保講堂

GW連休はいかがお過ごしでしょうか?

人混みに挑んでいく勇気もなく、近場にふらっと出掛け、
真岡市の久保講堂に寄ってきました。
d0086022_10173549.jpg
フランク・ロイド・ライトが「My son」と言って信頼していた弟子
遠藤 新氏が手がけてます。
小学校の講堂として建てられ
一度は解体の危機にあったものが移築され
現在も市が管理しイベントなどに使われているようです。

近いのに初訪問。
d0086022_1018347.jpg
d0086022_10184232.jpg
ちょうど盆栽展開催中で中に入ることができました。
ハイサイドライトは暗幕がひいてあったり、
展示パネルが立ったりしてましたが、
パネルのない空間を想像しながら内部を見学。
盆栽展の片付け中の方が、
明らかに盆栽には興味を示さず建物を見て回っている私たちに
「(まだ片付けして)ここにいるから、上の方も見て来ていいよ。」
と声をかけてくれ、塔屋の方まで上がってきました。
d0086022_10175952.jpg
d0086022_10181340.jpg
d0086022_10183615.jpg

移築保存には相当なエネルギーも費用もかかります。
保存運動をした方々や真岡市に尊敬の念。
d0086022_10174644.jpg

ライトの設計思想を受継いだ建築に触れることができました。
(あ)
[PR]
by Barakan-A | 2016-05-05 23:16 | 建 築 | Trackback | Comments(0)