昨年5月に竣工しましたIi邸におじゃまさせていただきました。
一年経って、適度に生活感も出てきたり
木がやけてきたりと、良い雰囲気になっていました。
d0086022_1545254.jpg

飾り棚を兼ねた本棚には
コミック本にプリザーブドフラワーやご夫婦の思い出の品。
ダイニング脇の棚にはお酒の瓶。
d0086022_1545856.jpg
和室の地窓の上枠を延ばした飾り棚には九谷焼の置物、
ご要望にそって設えた場所に、それぞれ飾られていました。

地窓から見える小さな庭には
カエデが植えられていたり、
玄関先の細葉ヒイラギ、
d0086022_15511100.jpg

自前で張ったという芝生も青々としていました。
d0086022_1551552.jpg


内部も丁寧にお住まいになられて、
庭の植物を育てられたりと、
愛着を持って住まわれている様子で、
本当に嬉しく思いました。




d0086022_155312.jpg
家事がスムーズになるようにと提案した
ユーティリティ
活躍しているようで良かったです。

もちろん、吹抜けの映画館は大活躍だそうです、笑。

私も植物をあれこれするのが好きな方でして、
また植栽談義ができるといいなと思っております。
お話ししていて私も気づきましたが
植物の世話をしている時間というのは、
なるほど、実は植物に癒してもらっている時間ということ。
緑に癒されます、、、、
ありがとうございました。今後もよろしくお願いします。
(あ)
[PR]
by Barakan-A | 2015-05-31 23:53 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

Kb邸の工事は外部周りのサッシが設置されました。
まだ一部分を残した状態ですが、それぞれの窓からいろんな風景が目に飛び込んできます。
敷地内には、多くの樹木が存在し、それぞれが住宅の雰囲気を造り上げる要素になっています。

南側の大きな全開口サッシからは多くの庭木を楽しむことができます。正面には程よい距離感で梅の木があって良い感じです。低い軒と開口部によって切り取られた景色は、あえて視界を制限することで、落ち着いた感じを演出できます。
d0086022_1364877.jpg

d0086022_137024.jpg

北側の窓からは明るさを適度に押さえた自然光が入り、竹林ときれいな空が見えてきます。ここは家族のスタディコーナーに面すると同時に、リビングエリアへつながる重要な窓です。上部の大きなFIXはまだ設置されていませんが、下部の窓からもその雰囲気は十分に感じ取ることができますね。
d0086022_140374.jpg

西側の台形窓は、座った位置により樹木と空の割合が変化します。絶妙な位置に樹木があるので、ブラインド等の遮蔽装置なしでも西日対策に役立ってくれると思います。
早く足場がなくなり、お施主様にこれらの要素を楽しんで頂きたいですね!
d0086022_1514822.jpg

内部では床の下地がほぼ完了、外部は杉の軒天井が進行中で、日々の進化が楽しみです!(ひ)
d0086022_1532585.jpg

d0086022_1533943.jpg

[PR]
by Barakan-A | 2015-05-26 01:56 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

中庭の緑

昨秋、中庭にシマトネリコを植えました。
お隣さんのお庭にも植わっていて、
常緑なのにサラサラとした葉が気に入ってます。
根付いて、新芽も出て来ました。
d0086022_10554714.jpg
下草に、旧家にも植えていたクリスマスローズを移植、
新たにヤブランやギボウシなども植え、
だんだんと緑が増えてきました。
先日は、お向かいさんからシランを株分けしていただき、
早速植えました。
d0086022_10555611.jpg
階段を降りる時にもチラリと緑が見えるようになり、
密かな楽しみです。
(あ)
d0086022_10560037.jpg

[PR]
by Barakan-A | 2015-05-24 21:55 | 我 家 | Trackback | Comments(0)

杉の破風板

Kb邸の現場では杉の破風や鼻隠しが設置されています。
今回の外装のガルバリウム鋼板はダークグレーで、これらの杉材との取り合いが多く登場してきます。木材の保護塗料は塗布することになりますが、無機質な金属との取り合いで、さらに木目が印象的になってくれると思います。破風板の下部は軒天の勾配に合わせて斜めにするような設計ですが、きれいに揃っていますね。コーナー部分の納めもさすがです!
d0086022_19254065.jpg

d0086022_19255254.jpg

北側の庭を見る書斎コーナーの窓の檜の無目や方立も設置されました。この印象を強くすることで、アルミサッシの存在感を弱くし、木の印象を強くしてくれます。
開口部の準備が進んできましたので、今後が楽しみです!(ひ)
d0086022_1926654.jpg

d0086022_19263861.jpg

d0086022_19265053.jpg

[PR]
by Barakan-A | 2015-05-14 19:28 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

住んでいます。

ハトを探せ。
d0086022_10302064.jpg
モクレンの木にハトが巣を作って住んでいます。
(写真の中、、、見えにくいですね。)
昨晩の雨風にも耐えて無事でした。
巣作り終えて、じっとしたままなので
タマゴをあたためてるのでしょうか。
昨年も工事中に足場板に巣を作り、
ヒナが巣立っていきましたっけ、、、

今年は食卓のすぐ横に気配を感じます。家族の一員のよう、、、


d0086022_10303147.jpg
朝のウォーキングルート。
石垣の苔が昨日の雨で青々としています。
晴れるとまた茶色に変色してしまいます。
台風一過、今日からしばらく暑くなりそうですね。
梅雨前に一夏。
(あ)
[PR]
by Barakan-A | 2015-05-13 10:45 | 我 家 | Trackback | Comments(0)

神谷宏治先生を偲ぶ会

昨年に他界されました大学時代の恩師、神谷宏治先生を偲ぶ会に出席させていただきました。
あらためて、心からお悔やみ申し上げます。
d0086022_2042680.jpg

2年という短い期間でしたが、先生の研究室に在籍させていただいたことは、その後の私が建築を考える上で、大きな転機になったと思っています。
偉大な先生であることは在学中より存じ上げていたつもりでしたが、日本の建築に大きく貢献された先生の功績を考えると、今改めてそれを実感いたしております。

ありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。(ひ)
[PR]
by Barakan-A | 2015-05-10 23:10 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

屋根葺き完了(Kb邸)

Kb邸の現場は屋根のガルバリウム鋼板が葺き終わりました。ダークグレーに少しメタリックが入った色合いなので、太陽光が当たる時間帯は少し明るめに見えます。この屋根に破風等の杉板が取り合ってきますので、程よいコントラストになると思います。
d0086022_16145514.jpg

大工さんの工事も進み、筋交いや構造面材の設置は完了に近づいてきました。この状態で窓の位置もハッキリ確認できますので、外とのつながりを再検証してみました。足場やシート越しですが、その向こうに見えてくる景色はなかなかよい感じです。今後サッシが設置されるのが楽しみです!
d0086022_1615145.jpg

d0086022_16153088.jpg

窓の配置は難しく、いつも悩む項目の一つです。単純に多く配置することは簡単ですが、それぞれに意味を持った窓を効果的に配置するのは本当に難しいものです。必要な位置には設けますが、空けすぎず、ひとつひとつの建物に合った窓を考えていきたいと思います。(ひ)
[PR]
by Barakan-A | 2015-05-08 16:17 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

GWらしく、、、?

GW、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

連休中は全くのノープランでしたが、
折角のお休みなので、娘サービス?も含めてお上りさん。

ミッフィー60周年で銀座松屋へ。
d0086022_2001192.jpg
展示は撮影不可でしたので、娘が絵付けしたうさこちゃん

子ども向けの可愛いキャラクター
と言うだけでなく、
作者ディック・ブルーナさんの世界を堪能しました。
ミッフィーはモンドリアンやフィートフェルトのような
鮮やかな色使いですが、
淡く渋い色あいの風景画なども展示されていました。
ブルーナさんが絵描きとして行きついたのが、
シンプルなうさぎで表現する色々な感情。
絵本は子ども達への愛のあるメッセージがつまってますね。
d0086022_2001460.jpg
我家にも、
「うさこちゃんとあかちゃん」「たれみみくん」
「だいすきなおばあちゃん」など、、、
家族の歴史とともにあります。
d0086022_2001728.jpg
私は次のお仕事用ノートを買いました。


そして、もうすぐ解体されてしまう
ホテルオークラ東京本館
d0086022_2002157.jpg
メインロビーは谷口吉郎設計。
言わずと知れたオークラの魅力を壊される前に
d0086022_2002555.jpg
組子や障子など、、、
日本的な建築様式をちりばめながら、
ゆったりと落ち着いた空間です。
d0086022_2002839.jpg
吹抜けに面した2階部分は
一般住宅の天井高のように低く抑えられてます。

それにしても、壊してしまうなんてもったいないです。
今年9月から建替え工事が始まるとのこと。
海外からも名残惜しむ声が寄せられているそうです。



そして、タイミング合わずにまだ訪れた事のなかった
吉村順三記念ギャラリー
d0086022_20031100.jpg
d0086022_2003432.jpg
一人一枚いただけるハガキと、
手作りの図面集を2冊買って。
このような場を運営し続けていただけるのは有難いです。
もう少しゆっくりしたかったな。


ノープランだったにしては、充実した一日でした。
(あ)
[PR]
by Barakan-A | 2015-05-04 20:15 | 建 築 | Trackback | Comments(0)