映画「人生フルーツ」

ちょうど梅雨の季節になると
庭のアナベルの色がグリーンから白に変わってきます。
小さいながらも庭に植えたの樹や花から
季節を感じ癒されてありがたいです。

d0086022_16555463.jpg
昨年、全国各地で上映されていた「人生フルーツ」というドキュメンタリー映画が
今は自主上映会というかたちで、また各地で観られるチャンスがあるようです。
(ちなみに、宇都宮では明日6/9も上映会あるようです。検索してみてください)

d0086022_16552016.jpg


 『風が吹けば、枯葉が落ちる。
  枯葉が落ちれば、土が肥える。
  土が肥えれば、果実が実る。
  コツコツ、ゆっくり
  人生、フルーツ。』

映画の中でのナレーションの樹木希林さんの声が印象深いです。
幸せとは何か、、豊かな人生とは何か
人生限られた時間をどう生きるか考えさせられ良い映画です。

近所の総合スポーツゾーンの工事により、
公園の樹々、道路の街路樹がすっかり伐採され、
季節の花が咲いた植込みが撤去されてしまいました。
土の面積が減って、舗装面積が増しました。
そんな風景を毎日、目の当たりにしてしまいます。

枝の剪定、落ち葉、雑草の管理も大変なのでしょう、、、、

でもでも、残して欲しい、
残さなければならないものはあると思うのです。

現代は、
便利な家電で、家事も省力化することが出来てきました。
全自動洗濯機、食器洗い乾燥機、お掃除ロボット、、、、
その分、お庭に植えた木や花を愛でる
ちょっとした時間はとれないものでしょうか。
人は何故、そんなに忙しいのでしょうか。

出来れば皆さんに見ていただきたい映画です。
検索するとまたどこかで観られるチャンスがあると思います。
上映会の機会に、ぜひ。
(あ)

[PR]
トラックバックURL : https://barakana.exblog.jp/tb/26880838
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by Barakan-A | 2018-06-08 17:16 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)