最終配筋検査、コンクリート打設へ(K信用金庫T支店)

K信用金庫T支店の現場ですが、昨日配筋検査を実施しました。
先日梁やスラブの一部までの検査は実施済でしたので、今回は残ったスラブと全体的な最終確認となりました。
鉄筋径、間隔、型枠と鉄筋の離れ(かぶり厚)、定着や重ね継手等が所定の数値の範囲内であることが確認できました。

d0086022_11424712.jpg


d0086022_11430690.jpg




そして本日、予定通りコンクリート打設が行われました。

まずは打設前にコンクリートの受入検査を実施し、所定の配合であるかを確認いたしました。


d0086022_11450350.jpg


コンクリートの数量が多いので、コンクリートを送るポンプ車は2台体制、打設に関わる職人さんも増員されていました。
上部でコンクリートを「打込及び攪拌」し、下部でコンクリートが隅々までいきわたるように「型枠を叩く」、
この作業が早朝から夕方まで続きました。
これら一連の作業は良質なコンクリートを打ち上げるためには全て重要です。
関わった皆さんおつかれさまでした。

d0086022_11432656.jpg


d0086022_11454683.jpg



d0086022_11455644.jpg


天気が心配されましたが、打設完了まで何とか持ちましたのでひと安心です。
最近は気温も上がってきましたので、連休中に予想される雨はコンクリートの養生という面では助かりますね。

RC部分もトップサイドライト部を除いて完了が近づきました。
休み明けから次の段階に移行していきます。(ひ)


[PR]
トラックバックURL : https://barakana.exblog.jp/tb/26747270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by Barakan-A | 2018-05-02 23:54 | 現 場 | Trackback | Comments(0)