人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ふじようちえん見学

建築士会の企画で
立川市にある「ふじようちえん」
(手塚貴晴+由比:手塚建築研究所)
の見学会に参加してきました。
ふじようちえん見学_d0086022_0232368.jpg

竣工から9年経過、
メディアでもたくさん取り上げられているので
建築関係者でなくてもご存知の方も多いかと思います。
俯瞰の写真ではダイナミックな楕円のドーナツ型の建物で
インパクトのある印象でしたが、
実際現地に到着してアイレベルで近づくと
低くおさえられ、建物の色合いも廻りの植栽に馴染んで
あっさりとした印象でした。
ふじようちえん見学_d0086022_0233198.jpg

水平の床と屋根がぐるっと一周、
その間を、ゆるやかなカーブに可動の引戸が繋いでいます。
ふじようちえん見学_d0086022_026969.jpg

職員室も全開放、雨樋からは雨水が勢い良く流れ落ち、
子供たちの五感を刺激する仕掛けがあちこちに。
ふじようちえん見学_d0086022_0234023.jpg

天井高さも低く(園児の背高にもちょうど良い)
屋根上のウッドデッキまでの高さを低くおさえられて
真ん中の園庭との連続性もほどよく
子供たちが行き止まりなく元気に走りまわれるコンセプトを
よく実現していました。
ふじようちえん見学_d0086022_0234728.jpg

先代の園長が植えた大きくなったケヤキの樹も園舎に取り込んで、
上下階の繋がりと、大きな根元を室内から身近に感じ、
屋上からは広がった枝によじ登れる遊具となり。
ふじようちえん見学_d0086022_0235966.jpg

後に増築された園舎も層は増えながら同じ脈絡で
子供たちが過ごす様子が見え、まさに園児たちが主役の幼稚園。
土曜日で普段の大勢の園児がいる様子ではありませんでしたが
預かり保育や英会話教室などで利用している子供と家族がいて
どんな風に使われているか少し見る事ができました。

運営する園長やスタッフと建築を提案する側とが
上手く合致して成功している良い例だと思います。
常識にとらわれず、こうだったら「面白い」「楽しい」を形にして、
やはり建築って面白いと感じた1日でした。
(あ)
トラックバックURL : https://barakana.exblog.jp/tb/22954286
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by Barakan-A | 2016-03-06 23:27 | 建 築 | Trackback | Comments(0)