歴史的建造物調査

d0086022_15073993.jpg

宇都宮市市街地に建つ
歴史的建造物調査のお手伝いで
先月末から3回参加しました。
全部で70ヶ所以上のうち、
4分の1くらい担当できたでしょうか。
調査対象はほとんどが大谷石の蔵。
戦前に建てられたものも多く、
宇都宮空襲の焼夷弾で焼けた梁を
見せてもらったり、
お米屋さんの蔵は
戦中陸軍の物資倉庫として使われていた
と言う話しが聞けたり、
貴重な体験もできました。

所有者の方にとっては、
代々受け継いで保存維持する
ご苦労もあることでしょうけれど、
大谷石の街、宇都宮市の景観を特徴づける
建築物でもあります。
カフェや店舗、オフィスとして
既に活用されている物も多くありますね。

震災で被害を受けた箇所もあったようですし、
耐震や老朽化を無視して進むこともできず
なかなか簡単ではないかとも思いますが、
是非、残していって欲しいものです。

あとは調査のまとめも残ってますが、
なかなか楽しくやらせていただきました。

市役所の食堂も初めて利用。
(あ)
d0086022_15580337.jpg



[PR]
トラックバックURL : https://barakana.exblog.jp/tb/22925987
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by Barakan-A | 2016-02-27 15:01 | 建 築 | Trackback | Comments(0)