和紙の灯り

和紙による灯り作品を創られている鎌田泰二さんのアトリエ
和灯屋さんにおじゃましてきました。
d0086022_11182388.jpg
d0086022_14455455.jpg

アトリエはご近所でしたが
今年9月ごろ、初めて鎌田さんにお会いして
我家でも可愛らしい「MARIMO」シリーズを一灯
作っていただきました。
和室の床の間に置いて、
毎晩眠りにつくまでのひととき
灯りに癒されております。
d0086022_11181813.jpg
色々と楽しいお話しを聞かせていただきました。
「ものづくり」は本当に楽しい。

和紙を透過する柔らかく優しい光りが
建築の中でどのように溶け込んでいくか。
暗い部屋を明るくするという機能だけでなく、
灯りで人を癒し、優しい気持ちにしたりと
そのような照明計画もできればと考えています。
(あ)

d0086022_11393274.jpg
オマケ
数年前、県外の友人に「栃木らしい」贈り物をと、
大谷石と烏山和紙の照明を選んだ、その和紙の部分は
鎌田さんが作ってくださっていたとは、、、、
(写真では大きく見えますが高さ30cmくらいだったはず)
[PR]
トラックバックURL : https://barakana.exblog.jp/tb/22674861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by Barakan-A | 2015-12-18 12:06 | 創 作 | Trackback | Comments(0)