5年目に入ります。

昨日は3月11日、あの日から4年。
午後2時46分に、仕事の手を止めて
黙祷を捧げました。

ちょうど一年前は、ここの棟上げの日でした。
今は4年前の揺れを体験した場所がなくなり、
昨日、新しいアトリエでは、
あの時の恐怖感が少し薄らいでしまっているのを感じ、
こわくなりました。

4年前の事務所内は、あれだけの揺れにも
壁面びっしりの本やカタログ類は散乱せず耐え、
住まいの方も仏壇の線香立てが逆さになって、
灰が俟ったくらいでした。
次女が守ってくれたと勝手な解釈をしています。

一つ残ったものいえば、
セブンチェアに事務所の登録票の額が落ちてできた
キズです。

震災を忘れることはありませんが、
4年目だった一年間は、
目前の工事や引越しに追われた日々でした。
今日から5年目、また自分にできることから
少しずつでも続けていきたいです。
(あ)



d0086022_9221050.jpg

[PR]
トラックバックURL : https://barakana.exblog.jp/tb/21624309
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by Barakan-A | 2015-03-12 08:21 | 挨 拶 | Trackback | Comments(0)