加地邸をひらく

F.L.ライトの弟子、遠藤新による
加地邸が二ヶ月間限定で公開されているので行ってきました。
d0086022_461453.jpg

d0086022_461589.jpg

個人所有の建築を見学できるのは貴重な機会なので大変ありがたいです。帝国ホテルや15年前位に見に行った旧山邑邸と通ずるところも多々あり、、、見る時期によって見えてくるものが変わってくるので、また行きたくなってしまって困ります、笑。
外部から内部にかけての大谷石の使い方や、内部は撮影制限で写真はありませんが、居間の吹抜けのスケール感や両側の小部屋との関係も面白く、展望室からの葉山の海までの眺めも、もちろん良く、家具や照明器具に至るまできめ細やかな設計を見てくることができました。そんなきめ細やかに設計していたのに着工直前に東西反転させて建てたというのは驚きでしたが。

三連休だったからか多勢で賑わっていました。
オープンハウス等でもいつも思いますが、このようなプライベート空間を見学する時に人が多いとスケール感を失うというか勘違いしがちになるので、気を付けるようにしています。
今月いっぱい週末のみの公開なので、何とか行けて良かったです。
ご興味のある方、来週末までですので、ぜひ。詳細はこちら
(あ)
[PR]
トラックバックURL : https://barakana.exblog.jp/tb/21333456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by Barakan-A | 2014-11-23 23:03 | 建 築 | Trackback | Comments(0)