タグ:自然・四季の移ろい ( 3 ) タグの人気記事

10月になりました

ハイこちらは、栃木の「外苑前」です。新スタジアムの建設が真っ盛り。
基本設計者は「コグマ ケンゴ」って言ってるのは誰ですか?笑。
新国立競技場を小さくしたような、、、
確かに鳥瞰図はちょっと似てますけれども、、、。
d0086022_11524677.jpg
ここ宇都宮市西川田付近は栃木県総合スポーツゾーンの建設工事のため
あちらこちらが激変中です。

そして、ついに当設計室前のイチョウの並木が(半分)伐採されることになり
その伐採工事が今月中に行われるとのお知らせがありました。
残念です。今年の黄葉を見届けられず、切られます。泣。

↓こちらは、2014年11月30日朝 撮影。
d0086022_11533056.jpg
R.I.P
朝日に光る見事な黄葉です。
もうこの景色は見られません。

↓こちらは、2013年4月19日 芽吹きの頃です。
d0086022_11540051.jpg
R.I.P
この爽やかな新緑、こちらももう見られません。


そもそもこのイチョウの並木は
現在の競技場建設の際、陸上競技などで風の影響を受けないよう防風のために植えられたそうです。
大会での記録も風が強いと参考記録になってしまいますからね。

運動公園の植栽は、そもそも人間の都合で植えられたものでしょう。
しかし、何十年もかけて育った樹々やその周辺には
虫や鳥達が何十年もかけて生態系を作ったのです。
やっと生態系がつくりあげられたところに、
また、人間の都合で新しい施設建設のために樹々が伐採され
虫や鳥たち生き物の住む場所が失われ、生態系が壊される。
人間は何をやってるんでしょうね、、、


今度出来上がる新しい公園は、「100年愛される公園」として計画しているそうです。
もう、このような壊し方をしなくても済むように心から願っています。
100年後はもう私は生きてませんけれどね。




↓2015年11月24日 夕方撮影
d0086022_12380517.jpg
こちらは、残るイチョウの木達です。夕陽に燃えるイチョウの黄葉。
当設計室の真東にあるこの4本は残ることになりました。
運動公園の始まりに植えられたイチョウ
老木だからとか、駐車スペースが足りないだとか色々理由があるようですが
記憶の継承としても残すべきものかと思いますけれどね、、、

少なくなってしまいますが、今年の黄葉も楽しみにしています。
(あ)


[PR]
by Barakan-A | 2017-10-01 23:52 | ひとりごと | Trackback | Comments(0)

8月

8月ももうすぐ終わり
娘の夏休み明け、学校始まりの朝は
不気味な警報音から始まりました。嫌ですね、、、
何よりも「平和」を願います。


8月の庭に咲いた花たち
控えめなお花ですが、涼しげで好きです。




ヤブラン
d0086022_09183458.jpg
斑入りヤブラン
d0086022_09181996.jpg
アベリア
d0086022_09184474.jpg
↓↓ここからは、庭師さんが撮ってくださった初夏の我が家の庭です。
さすが、センスがいい。
ステキに撮ってくださって、ありがとうございます。
(あ)
d0086022_09325528.jpg
d0086022_09331539.jpg
photo kazuyuki okudaira









[PR]
by Barakan-A | 2017-08-29 09:36 | 我 家 | Trackback | Comments(0)

八ヶ岳高原音楽堂

始めて訪れたのは建築学科の学生だった20年以上も前でした。
誰もいない客席に、演奏会を想像したり、
客と演奏者の動線が巧妙にわけられた
控え室とステージ脇のドアを結ぶ通路を通り、
ワクワクしたのはまだ若い20代でした。
「いつかはここで音楽を聴きたい」という念願が叶い、
家族と共に聴衆として訪れることができました。
d0086022_10130505.jpg
吉村順三さん設計の八ヶ岳高原音楽堂。
来年30周年を迎えるそうですが、
高原に佇むその風格は衰えず凛としていました。

d0086022_10131300.jpg
10数年前、木製建具の開閉やステージ裏まで建物の隅々を
夫とまだ幼い娘の3人で見学させていただいた30代。
贅沢な見学でしたがあの時も演奏会ではなくひっそりとしていました。
d0086022_10132038.jpg
今回は純粋に聴衆のひとりとして、
ウェルカムドリンクのグラスを片手に談笑する人達で賑わうホワイエ、
開演までの時間、音楽堂を見下ろしながら座ったり寝そべったりして寛ぐ人達が点々とする芝生の斜面、
聴衆で埋め尽くされた客席、
本来の機能をしている建築を見る事ができました。
現在40代半ば。
d0086022_10132720.jpg
森山良子さんの、奥行きあり澄んだ歌声と
途中降り出した雨音、軒先から滴り落ちる雨水の共演
ステージへの視線の先に見える緑の樹々が揺れる様子は
「ざわわ ざわわ♪」沖縄のさとうきび畑を連想させ
八ヶ岳の高原の自然と一体となった演奏会を満喫することができました。
感動をありがとうございました。こんな体験はするべきだとつくづく。
感動は身体に充分に染み込ませ、そして仕事に活きるはず。
まだまだ学びの40代。
(あ)

森山さんFacebook→ 

[PR]
by Barakan-A | 2017-07-24 11:29 | 旅 行 | Trackback | Comments(0)