Mi邸の現場では、天井下地や外壁下地がほぼ完了に近づいてきました。

天井の形状はバリエーションが多いので、大工さんにもご苦労いただきました。
斜めがほとんどで、たまに水平部分があっても段差がいくつもあったり、、。
図面を読み取っていただくだけでも大変な作業だったと思います。
d0086022_193127.jpg

d0086022_19311260.jpg

外壁下地はモルタルを塗るための木の左官下地ですが、面積が大きかったり、形状が複雑だったりして大変な部分なのですが、左官業者さんが仕事をするとまったく見えなくなってしまいます。。なので、ここに証拠を残しておきます。(笑)
これだけでもよい雰囲気ですが、最終的にはホワイトの壁になっていきます。
d0086022_19194422.jpg

d0086022_19195416.jpg

d0086022_19201572.jpg

今後は建具の枠等の木材の加工に入りますので、細かい寸法の確認や納まりを監督さん、大工さんと打ち合わせをしました。
設計図を基に、施工者の意見を交えて、最適な方法を模索していく過程は、現場の重要事項であると共に楽しい時間でもあります!
同じ納まりがほとんどないので、たいへんな作業になると思いますが、よろしくお願いします!(ひ)
d0086022_1929497.jpg

[PR]
by Barakan-A | 2016-06-29 19:36 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

電気関係の配線や、設備関係の配管がほぼ完了したMi邸の現場ですが、壁に断熱材が充填されました。
現在は内部では天井下地、外部では左官壁の下地造りが進行中です。
吹き抜けの手摺壁の下地も付きましたので、リビングのスケール感が完成時に近づいてきました!
d0086022_23481280.jpg

d0086022_23502688.jpg

今回の天井や壁には木板張り部分が多いので、大工さんの作業も盛りだくさんです!
「アガチス」という材の羽目板を使用いたしますが、程よい木目が、大きな空間を落ち着いたものにしてくれると思います。チークの床材との取り合いを考慮して、少し色を入れて仕上げていく予定です。
d0086022_23523518.jpg

写真のサンプルは無塗装とクリアーオイルのものですが、テーブルのタモ材と比較すると、全体的に少し赤みが強い感じがします。結構赤白がハッキリ出てきますね。よい感じです!
白い壁や天井とこれらの木部の割合がキーポイントになっていますので、張り上がりが楽しみです!(ひ)
[PR]
by Barakan-A | 2016-06-23 00:06 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

掲載誌

d0086022_18315020.jpg

「at home TIME」という不動産関係の冊子の今月号に
当設計室(自邸)が紹介されています。
取材は、4月の樹々がやっと芽吹き出した頃でした。
d0086022_18315562.jpg

栃木県特集ということで
大谷石のことがクローズアップされてます。
中庭がまだ出来上がってなかったので、
間に合っていれば更に良かったのかも知れませんが、、、

現在の中庭の様子。大谷石のテラス。
d0086022_18415326.jpg


web上では「HOME TRIP」というサイトで見られます。
→コチラ
よろしかったらご覧ください。
(あ)

[PR]
by Barakan-A | 2016-06-14 18:45 | 挨 拶 | Trackback | Comments(0)

いろんな窓(Mi邸)

Mi邸の現場では窓廻りの作業が始まりました!
まずはアルミサッシが各所に設置されていきます。木製サッシの設置までは少し時間がありますので、全容はまだ確認できませんが、楽しみに待ちたいと思います。
d0086022_23361968.jpg

d0086022_23274232.jpg

d0086022_23275336.jpg

d0086022_2328926.jpg

庭とつながる大開口、床から見える足下の緑や光を楽しむ窓、高い位置で空の景色を楽しんだり換気に有効な窓、、それぞれの役割を持っています。
立地条件によってこれらの意味あいも微妙に変化しますので、窓の配置はどの建物でも迷うところですが、設計者としては楽しみな部分でもあります!これらの窓からつながる空間を想像すると、完成が待ち遠しいですね!(ひ)
d0086022_23375221.jpg

[PR]
by Barakan-A | 2016-06-08 23:33 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

上棟式(Mi邸)

本日はMi邸の上棟式でした。
建て方から少し時間があいてしまいましたが、屋根工事も完了していますので、落ち着いた状況で式を行うことができました!
ここまで無事に工事が進んできたことに感謝し、完成までの安全を祈念いたしました。
d0086022_1053614.jpg

d0086022_1054662.jpg

お施主様にとっても、形が出来上がってからゆっくりとご覧頂くのは初めてだったと思いますので、更に完成形のイメージを深めていただけたと思います。

式の前後にはコンセントやスイッチ類の具体的な位置を見て頂き、ここにお住まいになった時の使い勝手も考慮しながら詳細に確認をさせていただきました。
スイッチ一つにしても、ご家族ごとに様々なパターンがあるので、この作業はとても重要だと考えています。

引き続き、お施主様、設計監理者、施工者の3者で、良いチームワークで工事を進めていきたいと思います!(ひ)
[PR]
by Barakan-A | 2016-06-05 23:41 | 現 場 | Trackback | Comments(0)

d0086022_111171.jpg

我家の未完成だった中庭にコハウチワカエデが植わり
早速、鳥がやってきてます。

ずっと庭を何とかしようと考えていて、
なかなか手が着かずにいた中庭ですが、
まるでそれを知っていたかの様に
突然やってきた若手の庭師さんに急遽お願いすることにしました。
初めて会って日も浅いのに
こちらの意図と庭師さんの目指している事と
共感できる部分がたくさんあって、
思い切ってお願いした訳です。

竣工時に自前で植えたシマトネリコとその下草はそのままに、
土間に使って残ったいた大谷石でテラスを造っていただきました。丁寧な仕事ぶりです。
d0086022_1112722.jpg

before
d0086022_111399.jpg

after
d0086022_1105712.jpg
お陰で建物の北にある庭が明るくなりました。
道路からのサブアプローチは
洗い出しの緑道も良い感じに造っていただいてます。
d0086022_1148322.jpg



皆さんにもご紹介したいのですが、
まだWeb上ではご自分の仕事ぶりを紹介していないそうで、
でも独り占めして秘密にしたいような(笑)
これから、もちろん当設計室のお施主さんにはご紹介したり、
時には建築の計画段階から相談して
建築と植栽の良い関係を造り上げていけたらいいなと思います。

我家の庭はあえて完全な完成型ではなく
後から樹や草花を植えられる部分を残してもらってます。
これから徐々に楽しみながら手を加えていきたいです。
(あ)
[PR]
by Barakan-A | 2016-06-02 11:50 | 我 家 | Trackback | Comments(0)

屋根工事進行中(Mi邸)

Mi邸の現場では、外部で大工さんが内樋の下地造り、板金業者さんが屋根葺き工事を進行中です。
幕板形状を強調するために採用した内樋ですが、完成してしまうとほとんど見えません。。大工さんにはかなりご苦労いただく部分なので残念ですが、おかげでスッキリ納めることができます!
d0086022_2091455.jpg

d0086022_209221.jpg

d0086022_209439.jpg

d0086022_20102146.jpg


内部では電気業者さんが配線作業中。配線ルートを確認させていただきました。
今後は細かいスイッチ等の高さを最終確認して現場に反映させていただきます!

また、本日は浴室関係の納まりを各業者さんと打ち合わせしました。ここだけで、木工事、左官、石、防水、SUS防水パン、サッシ、浴槽、給排水、ガス等の各工事の調整があります。
なかなか盛りだくさんの場所ですが、楽しみが多い部分でもあります!出来上がりが楽しみです!(ひ)
[PR]
by Barakan-A | 2016-06-01 20:14 | 現 場 | Trackback | Comments(0)